検索エンジンでこのブログに来た方へ
このブログはネタ的な事が多く書いてあるのでミドリフグの事を
調べたい時は【ミドリフグ飼育趣味】を参照して下さい

機動戦士フグダム 逆流のウ○コ


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ピンポンパンポン〜♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

本日は大変お下品なネタになっておりますので、
食事中の人はお控え下さい。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ピンポンパンポン〜♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪



【機動戦士フグダム 逆襲のフグァのあらすじ】

水槽世紀0079、地球から最も遠い水槽都市サイド36はアンモニア公国を名乗り、フグ連邦政府に独立戦争を挑んできた。

この戦いは水槽世紀0080年、
フグ連邦政府とアンモニア公国は停戦協定を結んだことによって終結した。
この戦争を俗に1年戦争と呼び、そして今
一年戦争から14年の月日が経とうとしていた。

時は水槽世紀0093年
フグァ(フグトロ・バジーナ)はフグリプス戦役後姿を消し、
力を蓄え、フグ連邦政府に対し戦線布告を行い、
水槽にコロニー(ウ●コ)を投下した。


フグロ「どうして、今まで奴の動きに気付かなかったんだ」

フグイト「それだけフグ連邦政府が嫌われていてコロニーに住んでいる人々に隠されていたんだろ」


フグァ「ネオアンモニアは重力に魂を引かれたフグ連邦政府に対し粛清を行う。
コロニー(ウ●コ)を水槽に落とし、水槽をアンモニアで埋め尽くし…」

フグロ「くそ、フグァめ!!そんなことはさせるか」

フグイト「よし、ネエル・フグーガマはフグデニオンに向かって発進する」

※うろ覚えなので適当な台詞でお送りしております。

フグデニオンに着いたフグロはフグェス・パラヤと言う娘に出会う。
フグロとフグェス・パラヤは惹かれあうが、偶然鉢合わせた、フグァと共に去ってしまう。

フグァはフグェス・パラヤの才能を見出し戦火へ投入し、
水槽に新たなるコロニー(ウ●コ)落しを敢行しようとしていた。

一度はフグゥーゴの一員として共に戦った「フグロ」と「フグァ」
反旗を翻した(逆襲の)フグァとフグロの戦いはどう決着がつくのか。

元ネタの結末はこちら
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 期間限定

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 期間限定

価格:2,220円(税込、送料別)



〜〜〜〜〜〜     中略     〜〜〜〜〜〜〜



●先日設置した自作 自動給水器

s-DVC00542.jpg


フグロとフグァの戦いは決着がついた
だが、水槽へ投下されたフグシズ(ウ●コ)は水槽の重力に引かれ落下を始めようとしている

阻止限界点を超えたフグシズ(ウ●コ)は水槽への落下速度を速めていた。

そんな中、フグシズ(ウ●コ)を押し戻そうと一人フグロは奮闘していた。

その姿を見て、沢山のフグ連邦政府の味方機、アンモニア共和国の敵機がフグシズ(ウ●コ)を押し戻そうと協力し始める。

フグロ「やめろ、摩擦熱でオーバーロードするぞ。皆は付き合うことはないんだ!!」

必死に叫ぶフグロ、摩擦熱で燃え尽きる味方機や敵機達・・・・

フグロ「νフグダムは伊達じゃない!!」

νフグダムのフグイコ・フレームが共振し、




なんと、フグシズ(ウ●コ)がホース内に逆流しているではないか
s-DVC00548.jpg

s-DVC00549.jpg

こうして水槽はアンモニア汚染から救われた。
この戦いの後のフグロとフグァの行方を知るものは…


水槽に落下したコロニー(ウン●)
(乾燥赤虫を食べたあとなので、色が黒い)
s-DVC00550.jpg


♪ フグウスの輪 ♪
ENDING SONG

【機動戦士フグダム 逆襲のフグァ】 完



【起動戦士フネダム】その後…


ビリー部(ワンモアセット!!!) 悲しみに震えている
心から…痩せた思い・・・
・・・・
誰も一人では痩せられない♪


謎の詩で始まった
ミドリフグ飼育日記(出会はUFOキャッチャー)ですが
【起動戦士フネダム 君は生き延びる事ができるか】のその後をお送りしたいと思います。


水槽要塞「ア・バオア・フグー」に一人残されたフネロ

s-P1000601.jpg



アンモニア公国との最終決戦に挑んだフグロ
フネロと赤い彗星のフネァの
(主人公名とタイトルが変わった事は気にしない…)
ア・バオア・フグーでの決戦は壮絶を極めた・・・

「動け!!動いてくれ・・・
 動け!! フネファイター何故動かん」
s-P1000598.jpg


爆発するア・バオア・フグーを見て誰もがフネロの生還を
絶望視していた。


しかし、突然 フネカツ、フネレツ、フネッカの3人は
爆発するア・バオア・フグーを見て叫びだした。



フネカツ「そっちじゃないよ。右、右」



フネレツ「そう、そう。そこを真っ直ぐ」



フネッカ「志村ー後ろ


(若干一名違うことを言う子がいたが)
この叫びに呼応するかの様に
爆発するア・バオア・フグーから一筋の光が…


その光こそ…
フネロの乗ったフネファイターだった。
コックピットも閉まらない満身創痍の状態であったが
無事帰還し、このように語った。

フネロ「僕にも帰る場所があるんだ。」
s-DVC00520.jpg

前回の記事を書いた次の日に脱出を図ったフネロ
無事帰還できたようだ。
一体どうやって脱出したんだ???

水槽世紀0080/1/1
アンモニア共和国と連邦軍は休戦協定を結んだ


【起動戦士フネダム】完

次回作 起動戦士フネダム0080 水槽の中の戦争
第1話 「嘘だと言ってよフネニィ」(原作知らないので多分やらない)

「続編をやるのが嘘だと言って欲しい方はクリック」
にほんブログ村 観賞魚ブログ フグへ


【起動戦士フネダム】君は生き延びることが出来るか


待望の新シリーズ
【起動戦士フネダム】が連載開始しません。
本シリーズの特徴としてはフネアマガイの魅力的な姿や
生態紹介していく予定はありません




我が家の水槽は常に汽水の濃度を計測するため(嘘)、
水槽内の比重計をいれております。


まずは一枚目の画像を見てください…

比重計が水槽内で移動しないようにキスゴムの輪の中に入れております
ちなみに水槽と比重計の隙間は約2センチあいております。
その比重計に何かが…

s-P1000601.jpg

なんとフネアマが比重計にへばりついています。
フネアマガイはいつも水槽にへばりついているのですが
どうやってこの比重計にうつったのでしょうか???
s-P1000600.jpg


ちなみになぜ移動したかの理由はわかっております。
比重計は茶コケで覆われており、絶好のエサ場となっていたからです。
s-P1000599.jpg

移ったのはいいものの移ったのを発見してすでに3日が経過しております。
フネアマ「誰か助けて下さい」
s-P1000598.jpg

ミドリフグ「【起動戦士フネダム】君は生き延びることが出来るか」
s-P1000044.jpg

【最終話】決戦!!ア・バオア・フグー


連邦軍とアンモニア軍の戦いは激烈を極め
ここア・バオア・フグーで最終決戦が行われていた。

フグロの「フグダムは半壊」
フグァの「フグングは頭部のみ残し全損」
と言うほぼ相打ちと言う結果に終わった

が、まだまだ二人の決戦は終わっていない。
二人の激闘はア・バオア・フグー内で生身のまま行われていた

●フグダム半壊、フグング全損画像
s-DVC00468.jpg


(ここからは大分適当な内容でお送りします)
フグロ「フグァ!!覚悟」

フグァ「まだだ!!まだ終わらんよ!!」

フグラ・マス「待って二人とも!!どうして二人が戦わなければならないのです」

フグラ・マス「ていうか、どうしてロカボーイが全壊しているんですか(怒)」

フグロ「それは…」

フグァ「それは私から説明しようフグロ君。
    現在サイド36(水槽)にはコケが殆ど繁殖していない
    このままだとフネアマのエサが無くなり☆になってしまうかもしれない
    だからコケが生えているロカボーイを分解し、ロカボーイ内部に
    繁殖したコケをフネアマ君たちに食べてもらうために分解したのだよ」

フグロ「な…そこまで考えていたなんて」

フグァ「どうだ感服したか。ならば同士になれ」

フグロ「な・なるもんか」

数年後、フグロとフグァは反水槽連邦組織エゥフグーゴの
一員となり共にティフグーンズと戦う事となる。

(省略)

水槽世紀 0080/01/01
アンモニア軍と連邦軍で停戦協定が結ばれた。


次回予告 起動戦士Zフグダム
君は刻(とき)の涙を見る
にほんブログ村 観賞魚ブログ フグへ

ライバル登場


起動戦士フグダムに強力なライバルがいることが発覚した。


1ヶ月位前の王様のブランチを見て自衛隊グッズが欲しくなり
りっくんらんど(自衛隊広報部)に遊びに行ったときの事だ。

到着後、りっくんランドを見学することなくお土産コーナーへ。


りっくんランドのお土産屋に何しに行ったかというと
Tシャツを買いに行っただけ…
のはずだった。

そこで運命的な出会いが待っていた。

例えるなら、
シャアがサイド3に連邦軍の新型モビルスーツを偵察に行き、
後の宿命のライバル(アムロ&ガンダム)に
出会った時と同じ様な出来事が起きた。


奴の名は






















希望戦士ISHIDAMU
s-DVC00398.jpg

恐らく初登場は奴の方が先だろう。

ちっ!!

先を越されていたか

よく見るとアキバ&鳥取限定…

ここは朝霞なんだが…


「まあそんなことはどうでもいい」

「味わせてもらおうか!!希望戦士ISHIDAMU饅頭の味とやらを!!」

「甘いな!!」

「どうやら20世紀なしを形どっている様だが…」

「ム!!梨のへたの部分はスナック菓子(細いポッキー)みたいな感触」

s-DVC00402.jpg


「パッケージと違い出来る!!」

「おまけの缶バッチは20種類もあるし、
 コレクター魂に火をつけそうな商品だ。
 これはライバルと認定せざるを得まい」


起動戦士フグダムと希望戦士ISHIDAMU(ミドリ饅頭)の不毛な戦いは
ついに最終局面を迎える。
いや、フグダムシリーズがネタ切れになったからこれで無理やり終わらせようとしている。

ミドリフグ飼育日記
最終回、「決戦!!ア・バオア・フグウ 」

フグは生き延びる事ができるか

にほんブログ村 観賞魚ブログ フグへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。