検索エンジンでこのブログに来た方へ
このブログはネタ的な事が多く書いてあるのでミドリフグの事を
調べたい時は【ミドリフグ飼育趣味】を参照して下さい

その名は、フグシロウ(フグサブロウもいるでよ)


2/13より新しい仲間が加わりました。

三兄 フグサブロウ
末弟 フグシロウ
s-54156.jpg


■準備するもの
・水温計
・大き目の容器(黄色)
・小さい容器(透明)
・ヒーター(あれば楽チン)
・ホース

■水あわせ作業
1.水温あわせ
水槽の中に袋ごといれ水槽内の水温と袋の水の水温を同じにする。約30分位実施
s-151511.jpg


2.水あわせ準備
 @ミドリフグを透明の容器に入れる。
 A大きい容器にぬるま湯を入れ、その中にミドリフグの入った小さい容器を入れる。
 ※真冬の水あわせは外気温が低い為、水あわせ中に小さい容器の水温が下がってしまう。
  それを防ぐ為に大きい容器にお湯を入れておき小さい容器の水温が下がるのを緩やかにする。

 ●ヒーターがある場合
  ヒーターを大きい容器に入れ、水温を水槽内と同じ温度に設定。

 ●ヒータがない場合
  小まめに水温を確認し、ミドリフグ入っている小さい容器の水温が下がる場合、
  足し湯しながら一定に保つ。


s-54677.jpg

3.水あわせ
 @ポンプのホースなどを利用し、水槽から小さい容器に水を滴下して流す
 A水が7〜8割程入れ替わったら、水あわせ終了。 
s-54165156.jpg

4.水槽内に移す。

こんな感じで水あわせしております。


それとコケを食べる貝類をスカウトに行ったのですが、そのお店では汽水環境で
生きれる貝類がいないということで断念しました。

底砂のコケを食べる汽水域で生活している貝のスカウトは続く。


新しい仲間が加わった記念に
以前、作成した使い道のない画像をついでに公開・・・
s-416415.jpg



コケについてプロに聞いてみた。


120cmクラスの大型水槽の整備をしている方がいた為、コケが生えないコツを聞いてみました。

tarojiro「何故、この水槽(120cm)にはコケが殆どないのですか」
プロ「この水槽にもコケは生えてます。ですが、水草がある為コケが生えにくいんですよ」

tarojiro「うちはミドリフグを飼っているんですが茶コケが凄いんです。なんとかなりませんか」

プロ「水槽は海水ですか?」

tarojiro「はい。海水まで行かず汽水1.010で飼育しています」

プロ「まず、コケを防ぐことは難しいです。海水の元に珪素が
   含まれており、それがコケの発生原因..エサになってしまうからです
   防ぐ為には珪素の抑制剤などをいれるしかないですね」
   
プロ「また小まめな水の入れ替えもよく無いんですよ」(理由は聞いたけど忘れてしまった)

プロ「それとミドリフグは汽水でなく海水・・・比重1.018付近で飼育すると良いですよ
   汽水だとそんなに長生きしません。ミドリフグは河口の方に住んでいて、
   川にはチョット立ち寄る位だから海水の方が長生きするんですよ。」

プロ「あと、ミドリフグの腹に模様はありますか」

tarojiro「ないです」

プロ「腹に模様があるフグは30cm位まで大きくなる奴もいます。
   ミドリフグだと思って飼育していたら大変なことになりますよ。
   何でも捕まえた人が選別しないためこういうフグも混じってしまうようです」

tarojiro「うちのフグは腹に模様も無いですし、1年飼育していますが、
     1cm位しか大きくなっていません」

プロ「じゃあ、ミドリフグですね。」

プロ「ミドリフグってゲームセンターの景品になっていまして、
   カップルが面白がってとるんですよね。でも飼育の方法がわからなくて、
   店に来て、水槽がない状態で飼おうとしているから意外と迷惑でしたよ(笑)」

tarojiro「・・・・ すみません家のもUFO出身です・・・・」

プロ「すみません。失礼しました」

もうチョットお話を聞きたかったのですが、まだ仕事中と言うこともありお話は終了しましたが、知らないことがらを色々教えていただきました。



ミドリフグ「まとめじゃ」
s-P1000043.jpg

@ミドリフグは汽水より海水の方が長生きする
Aコケは抑制剤を使用
B小まめな水換えはコケの発生原因になる


マメ知識
@腹に模様があるフグはでかくなる。気をつけろ!!(ジャイアントパッファーって言っていた気がする)
Aミドリフグは海水の方が緑色の発色が良くなる。
Bミドリフグは腸がないので食べ貯めができない為、長期間外出する時は自動給餌器が必要


まだまだ教えてもらったけど忘れてしまったorz。
思い出したら追記する予定

久々の換水


本日、久々に水槽の水の交換を行いました。
以前、購入した水質検査紙ですが、古い為変色してしまい
水につけても硝酸塩の濃度がわからない。
なので、最近は一切水質検査を行っていません・・・

水交換は勘と交換時期(最長で1ヶ月を目安)で行っています。

水質検査紙があれば、もっと長い期間換水しなくてもいいかもしれないので
購入しなきゃと思うのですが、買いに行くのが面倒くさい。

いつもの様にcharmさんで買おうかなと思ったのですが、
送料無料金額(5000円)に買い物が達していないので保留中。

***************
*      購入リスト  *
***************
・ミドリフグ2匹 800円
・フグのエサ   800円位
・水質検査紙   800円
・底砂のコケを食べる貝(物色中) 1000円以下

あと水槽のライト・・・
charmさんで購入した水槽ライトですが使用して2週間位で電球1個が切れました。
1日6時間しか点灯していないのに・・・
数千時間使用できると書いてあったのに
メーカ公表の点灯時間の数値はあてにならないですね。

 

ミドリフグ放置プレイ中につき・・・


しばらくエサ以外の世話を全くしていません。

なぜなら今現在、モバゲーのガンダムロワイヤルや怪盗ロワイヤルにハマッしまい
暇さえあればモバゲーしています

最初はクダラネーと思っていたのですが、他のプレイヤーが攻めてくるので、
負けまいとしてレベルあげに必死になったり、課金アイテム(課金アイテムは性能が良い)を購入したり
モバゲー運営者の格好のカモ状態となっております・・・


まあ、このブログもほったらかしにしていた理由はモバゲーだけではなく、
メインパソコンの調子が悪いとか、新しく中古のパソコン(NEC VL570D)を購入し、CPUを換装
セレロンD 341(2.93GHz) → PENTIUM 4 630 (3.2GHz)したりして意外と忙しかったので…


まあ、モバゲーはもう少し続けると思いますが、NEC VL570Dのセッティング?は落ち着いたので
これからちょくちょく書いていこうかなと思っています。

メインPCは相変わらず調子悪く
ブログの締めくくりにいつもの画像を貼ろうとしてのですが、画像のサムネイルが出てこないため画像をブログに添付できない状態に陥ってしまったため今回は久々の画像抜きです。



                                   以上続きを読む

レッドリップ危機一髪


暫くの間パソコンを起動していなかったので、今さらになってしまいましたが・・・
あけましておめでとうございます

本年もフグ6割、その他4割の割合でお送りしたいと思います。

本年1発目
レッドリップ危機一髪

貝がミドリフグ混泳水槽内でひっくりかえるとこうなります
ミドリフグに食べられてしまいます。
s-P1020449.jpg



なのでひっくり返っても自分で起きることの出来るフネアマを飼育してみたのですが
起き上がる前に食べられてしまいました。

フネアマガイには貝に隠れるところがない
s-P1020449.jpg

レッドリップは隠れるところがある。
s-P1020449.jpg

この貝の構造が生死の差を生んだようです。


その日、レッドリップは麦飯石の上のコケを食べていました。
普段は水槽に張り付いているので、サンゴ砂上をを移動し
麦石飯の所まで移動していたので行動力があるなと思い、
その場を去ったのですが、数時間後水槽の様子を見てみると、
レッドリップがひっくり返っており、ミドリフグがアタックをしていました。

やばいと思い取り出したのですが、上記の画像の様に中身がいないように思えました。
既に食われた後か・・・・

しかし、最後の望みを掛け、サンゴ砂の上におきました。
次の日になっても動かなかったらやっぱり食べられたんだなと覚悟し次の日を迎えました。

すると、前日サンゴ砂上に置いていたレッドリップの姿が見当たらない。
何事も無かった様に水槽に張り付いていました。
どうやら生存していたようです。


ミドリフグ「俺の目の前では全てが種もみじゃ」
s-P1020059.jpg


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。