検索エンジンでこのブログに来た方へ
このブログはネタ的な事が多く書いてあるのでミドリフグの事を
調べたい時は【ミドリフグ飼育趣味】を参照して下さい

水槽のリセットA


【前準備】
まずは、現在使用している水槽から飼育水を抜き取ります。
ある程度減ったら、底砂を別の水槽(フグ達の仮住まい)に移します。
フィルターやヒーターを設置してから現在使用している水槽の水を別の水槽
(フグ達の仮住まい)に入れます

【別水槽の準備】
ヒーターやフィルターの電源を入れましょう。その他アクセサリ(冷却ファンなど)もあったら忘れずに…

【フグの引越し】
水槽は違えど、元の環境のまま(飼育水)なので、そのまま入れても大丈夫です
(水あわせは特に必要ないでしょう)

【必要物品】
・スポンジ
・ブラシ
・歯ブラシ(不要になったものでOK)
・ゴム手袋

【水槽の掃除】
@水槽の水を抜く
A底砂の撤去
B水槽やフィルターの掃除
※ガラス面はスポンジ、それ以外はブラシ、フィルタのパイプなどは歯ブラシを使うと良いです。

C水槽やフィルター等がきれいになったら底砂を洗います
コーラルサンド 中目(10番) 2kg【関東当日便】
結構ゴミとか濁りが凄いです。
米を磨ぐみたいにもみ洗いします。素手で行うと怪我するかも知れないので
ゴム手袋など使用しましょう。
s-EC_0129.jpg

濁りが取れたらOKです。
s-NC_0130.jpg

D水槽の中に底砂を入れます。
高いところから落とすと割れてしまう可能性もあるので少しずつ入れましょう
s-NC_0132.jpg

E底砂をきれいに敷き詰めましょう
 フィルターやアクセサリの設置も忘れずに
 (画像では忘れています。水を満タンに入れた時に気付きました。orz)
s-NC_0135.jpg

F人工海水を作る
 人工海水は白くなくなるまでよく溶かしましょう。
インスタントオーシャン プレミアム 120リットル 4kg【関東当日便】

G人工海水を静かに水槽内に注ぐ
 上からドボドボ入れると折角きれいに敷き詰めた底砂が台無しになります。
 上部フィルターの蓋などを使うと底砂の乱れが少なくなります。 
s-NC_0136.jpg

Hフィルター類の準備
今回は奮発して麦飯石のリングろ剤を購入。
麦飯リング濾材 0.3リットル【関東当日便】


45cmの水槽にはちょっと大きいので下に敷き詰められないので、右側のろ剤置き場に移動させました
s-NC_0133.jpg

今回水槽をリセットし、バクテリアの増殖待ちなので、アンモニアを吸着するカーボンパックや活性炭は入れません。
フィルターのみの設置です。
カーボンパック 60cm水槽用【関東当日便】

s-NC_0134.jpg

魚がいる水槽はアンモニアが増殖してしまうと困ってしまいますが、
現在は無人(無魚)なので先ずは、アンモニアを増やしたいんです。
増えたアンモニアはやがて亜硝酸塩に変わり、亜硝酸塩も(魚に無害な)
硝酸塩に変わるのでその時が来るまで気長に待ちたいと思います。

Iフィルターのセットが終わったら電源を入れ、アンモニア、亜硝酸塩が
検出されなくなるまで(3週間位)気長に待ちましょう。
バクテリアの元を入れるともっと早く水槽が立ち上がりますよ。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。