検索エンジンでこのブログに来た方へ
このブログはネタ的な事が多く書いてあるのでミドリフグの事を
調べたい時は【ミドリフグ飼育趣味】を参照して下さい

祝10万ヒットのはずが…


約2週間以上放置していたミドリフグ飼育日記。
あえてその日記内容を書くとするならば。。。。

特変なし。

本当に何も書くことがない。
強いていうのならばアクセス数がなんと10万ヒットをしたことくらい。

このブログ解説当初 1日のアクセス数は何と「3ヒット」
しかも、自分が更新した際に確認の為にアクセスしたカウンター数だった。
今思えば、そんなにアクセスがあると思わなかったので、カウンターは5桁あれば
十分だと思っていたがその5桁を超える結果となった。


このブログの更新を2週間近くサボる前に確認したカウンターは確か99000の後半だった気が…

久々にこのブログを更新しようとミドリフグ飼育日記にアクセスしてみると
何故かカウンターは20万を表示???

以前にもカウンターの表示間違いはあったがこれは酷い…
どんだけカウンターをサバよんでるんだよw
この魚型のカウンターは気に入っているだけにとても残念…

なんだか10万ヒットもなんだか信憑性も無いなあw
多分総アクセス数は1/2位な気がする…

まあ,カウンター詐称はありますが、ミドリフグ飼育日記(出会はUFOキャッチャー)を
今後ともよろしくお願い致します。
s-P1020059.jpg








小型水槽の為の自作自動給水器


ミドリフグとはあんまり関係ない記事が続いたので今回はミドリフグ関連にしたいと思います。

夏はその暑さからかやたら水槽の水が減りますね。
あんまし水が減ると水質にも関わってきますし、
なるべく水槽内の水が減るのを防ぎたいのですが、
これっばっかりはどうすることもできません。

水が減ったら水を足せばいいだけの話ですが、減った分一気に水を入れると
水質も変化してしまいます。
まあそこまで神経質にならなくてもミドリフグは大丈夫でしょうが
無事に飼育できている環境をなるべく壊したくない

なら小まめに水を補給できる自動給水器などを買えば、問題は解決するのですが、
流石にそこまでお金はかけられないので給水器を自作してしまおうと考え試作品を
作ってみました

本日は久しぶりの自作品コーナー(使いまわし記事)です。
小型水槽の為の自作自動給水器。

【用意するもの】
○ホース 内径15mm 20cm 10円*2=20円 
○ペットボトル(2L or 1L)
◎ネジ蛇口口金・大 G3/4 蛇口対応品 (アイリスオーヤマ製)450円



◎おーいお茶 ふっておいしいお抹茶 68円
大人買い用


おーいお茶 ふっておいしいお抹茶は発明品には欠かせない重要なアイテムです。
生産も終了しているかもしれないので、見かけたら即GETしましょう。
ちなみに私はドイトで購入しました。(ドンキホーテグループで売っているかも)
今年も売り出すのかな??

【作成方法】
1.おーいお茶 ふっておいしいお抹茶を飲み干し、白いキャップを取り外す。
s-DVC00469.jpg


s-DVC00536.jpg

2.テープ(ビニールテープを使用)を貼る
s-DVC00537.jpg

3.ネジ蛇口口金・大 G3/4 蛇口対応品を白いキャップに取り付ける

s-DVC00535.jpg

s-DVC00538.jpg

4.完成品をペットボトルに取り付け、ホースを接続する。
s-DVC00540.jpg


5.上部フィルターの上にペットボトルを置く(ペットボトルを斜めに置く)
ペットボトル台は手抜きのダンボール製
s-DVC00904.jpg

上から見た画像(上部フィルターの穴を利用
s-DVC00907.jpg

■水面より上からの画像
緑のノズル(ホース)より水面が下がると自動で水を給水する。
緑のノズルはふっておいしいお抹茶の部品を流用したもの。
なんでこんなのを使っているかというとホースが曲がってしまいホースと水面が垂直にならないからです。使っても大分斜めになってしまっていますが…
機会があれば改良予定です
s-DVC00906.jpg

■水面下の画像
s-DVC00905.jpg

【おまけ】
■おーいお茶 お抹茶と普通のペットボトルのフタの違い
 おーいお茶の方が若干小さいのでネジ蛇口口金が接続できる。
 普通のペットボトルには接続出来ないので注意

s-DVC00545.jpg



北海道のゲーセンにミドリフグを探しに行ってみたC




tarojiroといえば結構お酒好き。なので今回は旅のメインであるニッカウイスキー工場の工場見学に行きました。
s-P1030729.jpg

この日は北海ソーラン祭りを行っており物凄い賑わいでした。
s-P1030694.jpg


しかも無料サービスがあるなんてまず考えられない。
余市のお祭りは太腹ですね。
s-P1030701.jpg

これが無料
s-P1030702.jpg

カキ氷も無料
s-P1030704.jpg

さてさて北海ソーラン祭りを満喫したあとは積丹半島に旬のうにを食べに行きました。

道中看板に積丹の銘酒 神威鶴という看板がありました。
酒好きの私としてはすごーく気になり神威鶴を目指しました。

s-P1030790.jpg


orz orz orz orz 


s-P1030789.jpg


まあ気を取り直して「お食事処 みさき」に行き、旬のうにを食べました。
s-P1030761.jpg

うにがてんこ盛りで美味しかったです。
もう神威鶴の事は忘れました。

この後、みさきの湯しゃこたんと言う 日没が見られる絶景温泉に行こうとしたのですが、
あいにく曇り空だったので、日没が見られないなら別に温泉入らなくてもいいや
という結論になり、帰ることにしました。

途中、余市に行くと花火大会があったので見に行ったのですが、物凄く混んでいました。
駐車場を探すのも一苦労…
まあなんとか駐車場を見つけ余市港で花火を見たのですがすごい迫力でしたね。

s-P1030822.jpg


*********本日の成果************
回ったゲーセン数    0
ミドリフグ数      0 

市街地じゃないとゲーセンは無かった…

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。